スーパーコピーブランド,ブランド コピー,スーパーコピー時計激安通販!

ホーム >> ニュース >> スーパーコピー新型ムーブメント研究2016
スーパーコピー新型ムーブメント研究2016
リリース日:2016-9-27 16:12:48

逆境を撥ね返す開発力の秘密
今、世界の時計業界は逆風に見舞われている。
スイス時計スーパーコピー産業は、20世紀末から21世紀にかけて、いわゆる“リーマン・ショック”が引き起こした世界同時不況の一時期を除き、
未曾有の右肩上がりを経験してきた。それがここに来て、明らかに変調を来している。
だが、そんな逆境の時にこそ、各メーカーの真の実力が測れるというものだ。
かつて、クォーツ革命が引き起こした“クォーツ・ショック”によって壊滅的な打撃を受けたスイス時計産業が、
新機軸を生み出す力によって見事に復活を遂げ、さらに飛躍したように、今年の新作にも、そんな突破力を秘めた新型ムーブメントは確かに存在する。その証明を、研究開発と製造の現場から詳細に報告する。

 

伝統技術を〝革新〟技術に昇華させる
たゆまぬ研究開発の最新成果
今年、オーデマ ピゲスーパーコピーは、ふたつの革新的なムーブメントを搭載した新作で大いに注目を集めた。
ひとつは同社を代表する基幹ムーブメントCal.3120を進化させ、さらに精度を高めたロイヤル オーク・ダブル バランスホイール・オープンワーク。
もうひとつが、昨年、コンセプトモデルを発表し、その音質と音量で関係者を驚かせたロイヤル オーク コンセプト RD#1の製品版、スーパーソヌリである。
いずれも伝統技術に裏打ちされた革新技術が開発の鍵を握る。スイス工房取材を通して、それぞれの“進化”の核心に迫る。
 

ロイヤル オーク ダブル
バランスホイール オープンワーク
既存のCal.3120のテンプとまったく同じテンプを2枚、同軸上に固定したダブル バランスホイールを搭載。テンプの慣性モーメントを高め、かつ、2枚のテンプを180°回転させて固定することで、ヒゲゼンマイの重心の偏りを相殺し、等時性をも高めているのがポイント。自動巻き(Cal.3132)。38石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約45時間。18KPG(直径41mm)。50m防水。765万円。
 2003年、オーデマ ピゲは自社開発ムーブメントを発表した。フリースプラングを採用し、そのテンプを両側から頑強な受けで支え、精度と安定性を確保。両方向巻き上げ式の自動巻き機構を採り入れ、約60時間のパワーリザーブも実現。それが、同社の基幹キャリバー3120である。今年、この基幹ムーブメントはさらなる進化を遂げた。同社グローバルブランドアンバサダーのクローディオ・カヴァリエール氏は解説する。

「時計の精度を高めるためには、衝撃や磁力、温度差といった外的要因の影響をいかに排除するかがポイントです。特に時計が頻繁に直面する衝撃に対しては、大きくふたつの手法があります。テンプの振動数を上げるか、テンプの慣性を上げるかです。今回、我々が採った手段は後者です」

 もちろん、振動数を上げて、かつ慣性も高めるということも理論的には可能だが、これはまったく新しいムーブメントを開発することを意味する。オーデマ ピゲ コピーは、今回の開発にあたり、10年以上の歴史を持つ基幹キャリバー3120をベースに精度を高めるという前提に立っていた。

「与えられた前提条件での最適解が、このダブル バランスホイールだったのです」

 ポイントは、ふたつのテンプを同軸上に配したことだとカヴァリエール氏は言う。

「他社にもテンプをふたつ持ったムーブメントは存在しますが、通常はディファレンシャルギアでつなぎます。そうすると、エネルギー伝達に損失が生じ、結果としてパワーリザーブを低下させてしまいます。ふたつのテンプを同軸上で180度回転させて固定することで、ひとつのアンクルで駆動することができるため、既存の輪列をそのまま利用できるのも、今回採用した設計の大きな利点です」
 

 

オーデマ ピゲの基幹キャリバー3120をベースに、テンプを2枚同軸上に配し、受けと地板をふんだんにスケルトナイズした新型ムーブメントCal.3132の文字盤側(右)とローターを外した裏蓋側(中)。(左)Cal.3132の核心を成す2枚のテンプを同軸に固定したダブル バランスホイール。
 

オーデマ ピゲのグローバルブランドアンバサダー、クローディオ・カヴァリエール氏によると、Cal.3132では約30%精度が改善されたという。具体的には、シングルのテンプで日差−2〜+8秒のところ、ダブルのテンプで日差−2〜+5秒に向上。いずれも工房での検査値。
 また、ひとつのテンプにふたつのヒゲゼンマイを180度回転させて取り付ける例も他社にはあるが、これはヒゲゼンマイの重心の偏りを相殺できても、テンワの慣性を高めることはできない。つまり、今回のダブル バランスホイールは、テンプの慣性を高めると同時に、ヒゲゼンマイの非対称性も相殺し、等時性と安定性のふたつを高めることに貢献しているのだ。
 
 結果、約30%精度を改善することができたというから驚かされる。これこそ、カヴァリエール氏が、与えられた条件下での最適解と断言するゆえんである

今年はミニッツリピーターの当たり年である。その中でも、伝統的な技術と最新の研究成果を融合させ、見事なシナジーとして完成させたのが、ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリだ。その開発に大きく関わったオーデマ ピゲ・ルノー エ パピのジュリオ・パピ氏によると、その開発は大きくふたつのアプローチから進められたという。ソフト面とハード面。すなわち、音の研究と、音を実際に発生させる機構の開発である。

「まず、過去のミニッツリピーターの音を研究し、最も心地よい音を探り当てました。その結果、選ばれたのが1924年製造のキャリバー11SMV#5を搭載したミニッツリピーターです。これが約8年におよぶスーパーソヌリの研究開発において音色の指針になりました」

 音の手本を探り当てただけでなく、従来は時計師の耳と経験、そして口頭による伝承にのみ頼っていたゴングの調整において、作業をより正確かつ効率的にするために、手本となる音の振動数を正確に測定・分析、〝振動〟として科学的に解釈し、それをゴングの振動に再現するためのソフトウエアを、ローザンヌ工科大学と共同開発した。これによって、求める音を明らかにし、それを通常のスティール素材を使用したゴングの製造法に反映させたのだ。

スーパーコピーブランド,スーパーコピー時計激安専門店「スーパーコピー」トップページ

「Ninnkitokei」では、スーパーコピー時計の先駆者、国内で最高に成熟したスーパーコピーブランド専門店、数百の種類の世界名品ブランド、数千の種類のスイス腕時計のデザイン、顧客はショッピング中必ず自身が願うのを探すことができます。

スーパーコピー時計専門店では、ロレックススーパーコピー、ルイヴィトン、ウブロ、カルティエ、パネライ、フランクミュラーなどの新品、是非お気軽にお立ち寄り下さい。
www.ninnkitokei.comスーパーコピーブランド,スーパーコピー時計激安専門店,E-mail: info@n-tokei.com
Copyright©2017 Ninnkitokei All Rights Reserved. ※当WEBサイト掲載写真の無断転載・外部リンクを禁じます。