スーパーコピーブランド,ブランド コピー,スーパーコピー時計激安通販!

ホーム >> ニュース >> 自由で大胆な発想に支えられたコルムコピーの冒険物語
自由で大胆な発想に支えられたコルムコピーの冒険物語
リリース日:2014-7-22 11:35:24

コルムの長い長い冒険の旅。それはルネ・バンヴァルトが叔父ガストン・リースの呼びかけに応じ、スイスの一大時計生産地ラ・ショー・ド・フォンでガストンが1924年に設立した時計工房の共同経営を引き受けた時に始まった。

  やがて1955年、この時計工房は初めて「CORUM」というブランドを使用。この言葉は、「議会で議決をとるための絶対多数」を意味する“Quorum”という言葉の綴りを簡単にしてブランドの名前としたもの。それと同時に現在も使われる“天を指す鍵”のシンボルが採用された。これはコルムが探求すべき新たな領域。解決すべき謎、革新性などを象徴したものだ。

  1958年、コルムは『チャイニーズ・ハット』と命名された婦人用モデルを発売。中国人の帽子を思わせる独創的なベゼルが多くの人々に注目された。

  1960年には最初の『アドミラルズ カップ』が誕生。1964年には本物の米国20ドル金貨を用いた『コイン・ウォッチ』を発表。この大胆にして自由な発想は高く評価され、米国大統領にも愛用された。

  そして1966年にコルムコピーが発表した『ロムルス』は、文字盤ではなくベゼルにインデックスのローマ数字を刻むモデル。その斬新でラグジュアリーな雰囲気は瞬く間に人気となり、コルムの名声をさらに確かなものとした。

 

その後もコルムスーパーコピーは持ち前の自由な発想を駆使し、クジャクの羽を文字盤に用いた『フェザー・ウォッチ』(1970年)や、英国の名車ロールス・ロイスのラジエター・グリルを模したモデル(1976年)などを次々に発表。1980年には1本のバー(ブリッジ)に時計の輪列機構を直線で並べた繊細なムーブメントを、両面サファイアガラスのケースに封入した『ゴールデン・ブリッジ』を発表。このモデルはイタリア出身の独立時計師ヴィンセント・カラブレーゼの発明がベースであり、現在も改良されながら作り続けられるコルムのアイコン的プロダクトとなっている。

  それから3年後の1983年。コルムはまたまた世界的な大ヒット作を発表する。それがダイアルのインデックスに船舶が用いる国際信号旗を採用した新しい『アドミラルズ カップ』だ。この新モデルは強烈な個性で大ヒットし、コルムの名を不動のものとした。

  その後も多くのヒット作を生み出したコルムは、2000年にサヴァリン・ワンダーマン氏の経営となって製品の幅を拡充。2005年にワンダーマン氏は高級時計業界で豊富な経験を持つアントニオ・カルチェ氏を業務担当副社長として招き、2007年には、そのカルチェ氏が新たなCEOとなって体制を大刷新したのである。

  そして2014年1月。コルム・ジャパンが発足し、「PROJECT Re-BORN (プロジェクト・リボーン)」を掲げて往年の意匠を再現した『アドミラルズ・カップ』日本限定モデルを発表。市場の再構築に乗り出したのである。

 

スーパーコピーブランド,スーパーコピー時計激安専門店「スーパーコピー」トップページ

「Ninnkitokei」では、スーパーコピー時計の先駆者、国内で最高に成熟したスーパーコピーブランド専門店、数百の種類の世界名品ブランド、数千の種類のスイス腕時計のデザイン、顧客はショッピング中必ず自身が願うのを探すことができます。

スーパーコピー時計専門店では、ロレックススーパーコピー、ルイヴィトン、ウブロ、カルティエ、パネライ、フランクミュラーなどの新品、是非お気軽にお立ち寄り下さい。
www.ninnkitokei.comスーパーコピーブランド,スーパーコピー時計激安専門店,E-mail: info@n-tokei.com
Copyright©2017 Ninnkitokei All Rights Reserved. ※当WEBサイト掲載写真の無断転載・外部リンクを禁じます。